川越の鍼灸・整体「かしの木鍼灸整骨院」

前屈みになると痛みで腰が抜けそうになる腰痛

症状

前日に子供の学校公開があり寒い中グランドで体育の授業を見学。見学中から腰に違和感があったが、休めば大丈夫と思い様子をみていた。 翌日の朝はそれほど痛みはなかったが、家事をしていると徐々に痛みが強くなり、前屈みや下の物を取ろうとすると腰から臀部に痛みが走り、ストンと力が抜けるような感覚がした。 このままだと痛みで動けなくなると心配になり来院。

  • 来院者

    女性

    40 代

  • 期間

    2019年1月 ~ 2019年1月
  • 頻度

    週2~3回
  • 通院回数

    2回

施術と経過

初診:動きを確認すると前屈時に左臀部に痛みが強く出る。臀部の緊張をとるためにふくらはぎへの鍼を考えたが、仰向けもうつ伏せも怖いとのことで、肩甲骨際のツボを選択。 刺鍼後、動きを確認すると痛みが大幅に減少、動きがスムーズになったが、仙腸関節付近に痛みが残ったため、さらに肩甲骨のツボと前屈みに関係する脛のツボに刺鍼。 痛みも違和感もほぼ消失したが、明日の朝が心配とのことで翌日の来院を促し終了。 2診:起床時、臀部に違和感があったが、動きは問題ないとの事。前日の施術を安定させるため、ふくらはぎと肩甲骨に刺鍼。臀部の違和感もなくなり、動くときの不安もないため終了とした。

使用したツボ

ツボのアイコンからツボの詳細が見られます

まとめ

今回は、寒い中長時間外にいたため上半身が緊張し、その緊張が臀部に影響を与え痛みが発症したと考える。 腰や臀部が痛いからと痛む場所だけをみるのではなく、全身を観察し、全体の動きはスムーズか?どこで不調和が出ているのか?原因をしっかり見つける事で早期の改善につながった症例である。

  • ブログ|カレンダー
    2020年11月
     1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    30  
  • ブログ|カテゴリー
  • ブログ|アーカイブ