川越の鍼灸・整体「かしの木鍼灸整骨院」

膝痛・変形性膝関節症の症例

症例1
患者

女性 60代

来院

2017年6月

症状と来院理由

もともと膝に痛みはあったが歩いたり、日常生活には問題がなかった。1ヶ月くらい前に床に座らなければならないことがあり、正座は出来ないので低い椅子を使い2~3時間ほど座った。

 

会が終わり立ち上がると痛みでまともに歩くことができない。病院で痛み止めをもらって経過を見ていたがあまり変化がない。以前鍼灸院に通っていたことがあり、鍼治療なら何とかなるかもと思い来院。

治療内容と経過

歩行の状態を確認すると痛みのためバランスが悪く、足が上がっていない。膝は全体的に痛みがあり曲げると痛みが強くなる。まずは膝の屈曲をスムーズにできるよう臀部に刺鍼、同時に足を上げやすいように股関節に関係するツボをとった。

 

痛みはあるが楽に曲げられるようになり歩行も軽く感じるとの事。次に膝の前後を整え、最後に活法を加え改善を図った。2回目以降同様の治療を週2回のペースで行った。

 

6回目の治療後、痛みはほぼ消失、正座はできないが曲げ伸ばしが楽になったので、メンテナンスのため月1~2回の通院をおすすめし終了とした。

同時に治療した症状

なし

使用した主なツボ

膝根 中腰 膝眼(外) 委中

考察

痛みを我慢しながら長時間座っていたのが原因で起きた膝痛で、そのことで体のバランスが崩れ歩行にまで問題が出ていた。こういった場合、どうしても膝に目がいってしまうが膝に治療をしてもあまりいい結果が出ないことが多い。

 

今回は全体を観察し原因を見つけ、臀部から膝の動きを改善できた。痛みにとらわれず全体を観ることの大切さをあらためて認識した。

  • 初めての方限定
    初めての方限定
  • 診療案内
    診療案内
  • 営業日カレンダー
    « 2018年5月»
      12345
    6789101112
    13141516171819
    20212223242526
    2728293031  
    • 休日
    • 最終受付 17:00
    • 最終受付 13:00
  • オフィシャルブログ
    オフィシャルブログ
  • ご来院地域
    埼玉県 川越市 川島町 狭山市 所沢市 坂戸市 鶴ヶ島市 日高市 ふじみ野市 富士見市 さいたま市 上尾市…